他職種から学ぶリハビリテーション研究会

リハビリテーションの新しい可能性を探り、他職種から積極的に学ぶ

【目的】 

この研究会が作られた目的はリハビリテーションの新しい可能性を見出すことです。それは今までの理学療法や作業療法の知識を軽視するわけではなく、尊重したうえで、他職種での知識やスキルを積極的に学び、使えるものは使い、患者様のためにリハビリテーションを昇華させていくということです。

 

【すべては患者様のために】

患者様の数は右肩上がりに増えています。今まで以上にリハビリテーションに関わるセラピストの成長が求められているのです。

 




不思議な力はいらない

一部のセミナー団体ではあたかも不思議な力のようなもので治療することを推奨しています。他職種の分野にはそういったものが多いのも確かです。それらはつまり拝金主義の団体です。

 

しかし私達は拝金主義の団体とは一線を画し、確かな理論と実績に裏付けされた知識とスキルを提供していきます。

 

私達は確かな見識を持ったセラピストですから、患者様のために、そういったあやしいものに惑わされてはならないのです。

リハビリテーションはまだ発展途上

リハビリテーションの可能性は未知数です。

 

それは可能性を秘めていることの他に、まだ視野が狭いことも意味しています。先入観はときに視野を狭くします。先入観を無くし、良いものは良いと受け入れる度量を持つ柔軟な心を育てることでさらに可能性は拡がります。

 

他職種から学べる非常に多く、ハイレベルの知識とハイレベルのスキルはまだまだ世の中に多く存在しています。

 

それを取り入れない手はありません。リハビリテーションに関わるセラピストがそれらを取り入れたとき、新たなリハビリテーションの可能性が生まれると確信しています。

私達はまだまだ発展途上なのです。

圧倒的実力を持った講師のみが在籍

私達の研究会の講師は誰でもなれるものではありません。高度な知識、ハイレベルのスキル、圧倒的実績をもとに選ばれた講師のみがセミナー講師をつとめることが可能です。

 

講師はすべて日本とは比較にならないレベルの国際資格を持っていたり、著名な大学で講師を努めたり、本を出版されているような信頼できる講師ばかりです。これは私達の最大の強みです。

 

そのため受講生の皆様には、いい加減なセミナーかもしれないというリスクを心配する必要がなく、安心して受講していただくことができるのです。


PCOMパームスオステオパシックカレッジ

 

当研究会のコースで基礎を学んだ後、国際基準のディプロマ(diploma)までステップアップを考えている方、パームスオステオパシックカレッジで続けて受講することをオススメいたします。